ファッション・美容師・メイク・ネイル・エステ・ブライダル・アクセサリーの専門学校

厚生労働大臣指定 美容師養成施設/日本ファッションスタイリスト協会認定校/日本エステティック協会認定校/日本エステティック業協会認定校
日本ネイリスト協会認定校/JMA日本メイクアップ技術検定協会/日本ブライダル文化振興協会認定校/全米ブライダルコンサルタント協会認定校

よくあるご質問

皆さんからご質問の多い内容をQ&Aにまとめてみました。
さらに詳しい内容について質問のある方は、なんでも相談、fmail@iwasaki.ac.jpにメールしていただくか、
フリーダイヤル0120(205)561へお問い合わせください。

学科・コースについて

入学について

学費について

資格・就職について

体験イベント・学校見学について

学校について

その他

学科・コースについて

洋裁の知識を全く持っていませんが大丈夫ですか?
大丈夫です。全く初めての人達が入学してくることを前提に一から授業を展開します。ただ、特に服作りを深く学ぶカリキュラムの学科(ファッションライフデザイン学科)を選ぶ方は、事前に体験入学で服作りのコースに参加したり授業見学をしてみてください。
美容師の資格がとれる学科を教えてください。
ビューティースタイリスト科です。厚生労働大臣指定、美容師養成施設として認定されているこの学科の学生だけが、美容師国家試験を受けることができます。
ビューティーコーディネート科とビューティースタイリスト科の違いはなんですか?
ビューティースタイリスト科は美容師国家資格をとることが第一の目的となりますので、国家試験の課題の実技の習得がメインとなります。 ビューティーコーディネート科では、メイク・ネイル・エステの技術習得がメインとなります。ヘアは、アレンジスタイルの習得がメインとなり、パーマやカット、シャンプーの実習は衛生分野の学科ではないので、できません。
絵を描くことが苦手なのですが、大丈夫でしょうか?
苦手意識を持つ方が多いのですが、自分の考えているデザインを表現できることが必要なので、全学科でデザイン画やイラストを描く授業があります。基本から練習していきますので、入学後は皆楽しんで描けるようになっていますよ。
提出課題、宿題は多いですか?
基本的には、提出課題は授業の中で仕上げて提出することを前提としていますので、まじめに授業に取り組んでいれば、家に持ち帰って夜遅くまで、課題に追われるというような事はありません。夏季休業や、冬季休業などには、宿題がでることがあります。

入学について

どの入学方法を選べば良いのか、分からないのですが。
入学方法はビューティースタイリスト科と、その他の5学科で異なります。詳しくはこちら。 何か分からないことがあれば、どんなことでも、フリーダイヤル0120(205)561へお問い合わせください。
遅刻や欠席が多くても大丈夫でしょうか?
高校での遅刻や欠席は少ないほうがいいのですが、そのために入学ができないという事はありません。高校推薦の基準が出席日数90%以上(ビューティースタイリスト科は欠席20日以内)なので、その基準より欠席が多い方は、自己推薦入学という方法があります。詳しくはこちら
締め切りが心配なのですが、いつ頃出願したら良いでしょうか?
出願期間は9月から3月末までとなっています。年度や学科によって状況は違ってきますが、定員になり次第締め切りとなりますので、出来ればお早めの出願をお勧めします。 出願が時期がかなり遅くなってしまうという方は、フリーダイヤル0120(205)561でご相談ください。
高校を卒業していないと、入学できませんか?
高校を卒業されていない方の場合は、次のいずれかの方法で入学することができます。
(1) 高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)に合格。
(2) 本校での入学資格認定審査(高校卒業と同等の学力を試す学力試験)を経て、出願資格を得る。
高校卒業後、何年か経って入学している人はいますか?
学科によってパーセンテージは違いますが、もちろんいます。実際に学生生活が始まれば、多少の年齢差など、全く気になりません。

学費について

入学してから卒業するまでに、学費はどれ位かかりますか?
初年度の学費は、101万2000円に、教材費を足した額になります。教材費は、学科によって違います。進級時は、初年度の学費から入学金を引いた額と、2・3年次の教材費を足した額になります。 詳しくはこちら
奨学生や、教育ローンについて知りたいのですが。
岩崎学園奨学生という制度があります。希望者の中から選考の上、年間50万円の奨学金を貸与する制度です。また、岩崎学園と銀行との提携教育ローン、利用者の方が多い国民生活金融公庫(国の教育ローン)があります。
詳しくはこちら。 また、学費のことに関して、個人的に詳しく相談したいという方はフリーダイヤル0120(205)561にお電話ください。

資格・就職について

就職指導はどのようになっていますか?
本校では、専任の就職指導部の職員とクラス担任が協力し、一人ひとりに対して、きめ細やかな対応と情報提供で、就職内定までねばり強くバックアップします。早期より就職ガイダンス・適性検査・面接の練習の指導を徹底して、就職活動本番に備えます。 また、保護者の方にも就職説明会を実施しています。
就職支援体制についてはこちら
就職は出来ますか。就職率はどの位ですか?
90%以上の学生が、在学中に就職内定を獲得しています。内容も専門的な勉強をした知識や技術が生かせる分野の企業にそれぞれ就職しています。
卒業したらどんな職業につけますか?
学科によって異なりますが、ファッション・ジュエリー業界だとデザイナー・パタンナー・ファッションアドバイザー・スタイリストなど、美容・メイク業界は美容師・エステティシャン・ネイルアーティスト・コスメティックアドバイザーなど、ブライダル業界ではブライダルコーディネーター、ブライダルスタイリスト、ホテリエといった職業についている卒業生がいます。
テレビや雑誌業界で仕事することはできますか?
ヘアメイクやファッションスタイリストなどの職種で、テレビや雑誌などに関わる仕事をしている卒業生はいます。まずは業界を知り、仕事経験をつむために企業へ就職することをお勧めしています。
資格や検定試験の対策はありますか?
各資格検定によって異なりますが、授業時間内に資格対策講座を行うものや、放課後・夏休み期間などに行うものもあります。いずれにしても、各科の目標資格をしっかりとれるよう資格対策を実施しており、ほとんどの学生が資格を取得して卒業していきます。
どのような資格がとれるのですか?
各科によって、目標資格があります。それぞれ専門的な知識や技術を問う資格になります。
[ 詳しくはこちら] ビューティー ファッション&アクセサリー ブライダル

体験イベント・学校見学について

体験イベント、学校見学に行く場合は、予約が必要ですか?
基本的には、体験イベントは実習の準備などがありますので、予約をしていただきたいのですが、当日の参加でも大丈夫です。ただ、定員がある場合や、参加の方にお伝えしたい事がある場合がありますので、出来れば事前にご連絡ください。 学校見学も、見たい学科や授業がきちんと見れるように、出来るだけ事前にお申込みください。
詳しくはこちら
服装は制服がいいですか?持っていくものはありますか?
服装は自由です。体験イベントは実習がありますから、動きやすい服装のほうが良いと思います。実習に必要な道具もこちらで用意していますので、持ち物も特に必要ありません。
保護者も一緒に見学したいのですが。
保護者の方の参加も歓迎いたします。体験イベントでも、詳しい学校・学科説明を行いますので、ぜひご参加ください。
授業見学はできますか?
本校では、教室の中まで入って、実際の授業を見てもらえます。
授業は、平日の9:00~16:30まで行っていますので、15:00頃までに来校していただければ、いろいろな授業を見られます。詳しくはこちら
イベントに何回も参加していいですか?
体験イベントでは、さまざまなコースを設定していますので、数種類の実習を体験するためには、何回か参加することになります。また、ファッションショーや学園祭、コンテストなど、その他お勧めのイベントも沢山ありますので、納得されるまでご参加ください。

学校について

横浜fカレッジの特徴を教えてください。
ファッション・美容・メイク・ネイル・エステ・ブライダルからジュエリーまで多彩な学科編成で、トータルファッション&ビューティーを学ぶ環境が整っています。 また、ファッションショー、ヘアメイクショー、ファッションコンテスト、学生ショップなど、学内外のイベントで、作品を発表する機会も多く、学生同士がそれぞれスペシャリストとして協力し、トータルファッションを創り上げています。
横浜fカレッジの場所を教えてください。
横浜fカレッジの校舎は、横浜駅西口から徒歩3分ほどのヨドバシカメラの隣に位置します。所在地は横浜市西区北幸1-2-7です。横浜駅西口からダイヤモンド地下街を通れば、雨の日も濡れずに学校まで来れますよ。 詳しくはこちら
年間スケジュール(イベントや夏休み期間など)を教えてください。
学生の年間スケジュールは、前期4月~9月、夏休み8月、後期10月~3月、年末年始冬休み、春休み(3月下旬~4月上旬)となっております。授業見学をしたいときは事前に電話で確認してください。 また、みなさんにぜひ見ていただきたいイベントとしては、先生・在校生がプロデュースする“fカレフェスタ”(7月)や“学園祭”(10月)、横浜fカレッジのファッションデザインコンテスト“ファッション&ビューティーライブ”(10月)、本校主催の“高校生ウエディングコンテスト”(8月)などがあります。
[ 詳しくはこちら]  ビューティー ファッション&アクセサリー ブライダル
横浜fカレッジにはどのような設備がありますか?
作品発表用大ホール、デザイン実習室、CAD実習室、コーディネート実習室、美容実習室、メイクアップ実習室、エステティック実習室、サロン実技実習室、ブライダルスタイリング実習室、ジュエリー工房、パソコン実習室、フットサル・バスケットボールコートなどがあります。また、新横浜には体育館やテニスコートの設備もあります。
[ 詳しくはこちら] ビューティー ファッション&アクセサリー ブライダル
学生は昼食をどうしてますか?また、食堂はありますか?
横浜fカレッジには学生食堂はありません。しかし、学校周辺の横浜駅西口エリアには、地下街、コンビニエンスストアや、デパートなどお昼の食事を買う場所やレストランがたくさんありますので心配はありません。
学校の雰囲気を教えてください。
学生たちは楽しくいきいきと、学生生活を送っています。ファッションや美容の分野の学生ですので、オシャレな人が多いと、見学に来た高校生の方からよく言われます。 普段は各科ごとに専門的な勉強をしていますが、学校でのイベントごとも多いので、そのときは、いろいろな学科の交流があり、より活動的でにぎやかな雰囲気になっています。
クラス担任制ですか?
クラス担任制です。ですから、学習や学生生活、就職に関することなど、何でも相談できますので、安心してください。
1クラス何人くらいですか?
学科によって異なりますが、20名~40名くらいです。マンモス校と違い、学生の能力を伸ばしていける、適正な人数で運営しています。
男女比はどのくらいですか?
これは、学科によってかなり違ってきます。ビューティースタイリスト科、ファッションビジネス科は男女半々位、ファッションライフデザイン学科、ジュエリー&アクセサリー科は男子が2~3割、女子が7~8割です。ビューティーコーディネート科とブライダル科は、ほとんど女子になります。
学割は利用できますか?
神奈川県認可の専修学校ですので利用できます。通学定期や学割など利用可能です。
専門学校を卒業すると、専門士という称号が与えられると聞いたのですが。
「専門士」は、一定条件を満たした専門学校を卒業した者に対して付与される称号です。2年制以上で、総授業時間が1700時間以上の専門学校を修了すると、短大卒と同等の学歴とみなされます。本校でも、卒業者は専門士という称号が与えられます。
クラブやサークル活動はありますか?
現在、ファッション製作系クラブなどがあります。在学中に好きな人たちが集まって、新たなサークルやクラブを作ることも出来ますよ。

その他

学生寮はありますか?
はい、あります。岩崎学園運営の東白楽寮(女子寮)、推薦学生会館・学生マンションなど。
詳しくはこちら
ひとり暮らしをしたいのですが。
信頼できる不動産店をご紹介しています。地理的希望や予算などに合わせて、アパートやマンションなどをご案内しています。
遠方から通学している学生はいますか?
何名かいます。静岡県在住の人が多いです。例えば静岡県御殿場から電車に朝7時頃乗って通学している学生がいます。
アルバイトは出来ますか?
毎日の授業や学校生活に支障のない範囲であれば出来ます。働く経験は、就職活動のときにプラスになりますので、うまく両立させてください。
入学式はどんな格好で行けばいいですか?
新しいスーツなど、わざわざ購入していただく必要はありませんが、学生らしい、式典にふさわしい服装でご参加ください。
   
バイクや自転車での通学はできますか?
駅から徒歩圏内であることと、交通安全上の理由から、バイクや自転車での通学は認めておりません。