ブライダル業界のエキスパートを目指す新資格

ブライダルコーディネート
技能検定(国家検定)とは

ブライダル業界で働くうえで高い評価につながる新しい国家検定として、2018年より新設された資格です。お客様に合ったブライダルサービスを提供する総合的なエキスパートとして、高度なスキルと知識が求められる国家検定です。

ブライダルコーディネーターとは

ブライダルコーディネーターとは、お客様のニーズを汲み取り、挙式・披露宴に関する文化・慣習等の担い手としてそれらを考慮しつつ、各種分業の壁を越えて幅広い関係者をコーディネートし、お客様に合ったブライダルサービス・商品等を提供する総合エキスパートです。

※ブライダル業界では「ブライダルコーディネーター」「ブライダルプランナー」「ウエディングプランナー」「ウエディングプロデューサー」など様々な名称で呼ばれていますが、技能検定では職種名を「ブライダルコーディネーター」としています。

(公益社団法人 日本ブライダル文化振興協会 公式WEBサイトより)

確かな実力をもった先生たちが
貴方を導く2年間

fカレには1級ブライダルコーディネート技能士の資格を持つ先生が6人もいます!第一回試験(2018年度)と第二回試験(2019年度)、合計でも全国で約40人しか合格者のいない超難関の資格です。

さらに、全国の第一回1級合格者から日本一のブライダルコーディネーターを選出する第15回「The Master of Bridal Coordinatorコンテスト」(2019.6.5)のグランプリに、見事横浜fカレッジの松本みづほ先生(写真右)が選ばれました!

授業内でもしっかり検定対策

全国でもトップクラスの先生たちと一緒に授業内で検定対策をし、1年生の間にブライダルコーディネート技能検定3級の合格を目指します。fカレは認定会場として認められているので、学内で受検ができます。

fカレブライダルの詳しいカリキュラムやキャンパスライフについては学科紹介をご覧ください。

ブライダル科 学科紹介