Documents

最初の気持ちはシンプルに「メイクが好き」
好きなことを仕事にしようと自分で選んだ進路インタビュー日:2021/12/6

Profile

ゴトウさん

ビューティコーディネート科メイクアップコース2年
県立横須賀高等学校出身

1. キャンパスライフ

1日のスケジュール

  1. 6:00起床
  2. 7:30通学
  3. 9:00授業
  4. 11:50昼食
  5. 12:40授業
  6. 16:30授業終了
  7. 18:00アルバイト
  8. 22:30帰宅
  9. 00:00就寝

時間割

ビューティコーディネート科メイクアップコース2年

  MON TUE WED THU FRI
1時限 美術   特別活動 プロメイク
テクニック
プロメイク
テクニック
2時限 プロヘアスタイル   アロマセラピー
3時限  
4時限 パソコン活用 プロメイク
テクニック
アートメイク
&撮影
ネイル応用 美容理論
5時限 アートメイク
&撮影
6時限    
7時限    

※カリキュラム・時間割は、年度によって変更することもあります。

特に好きな授業はなんですか?

一番好きな授業は「プロメイクテクニック」です。授業ごとに色々なテーマを決めて、そのイメージをメイクで表現します。普段自分がしないようなメイクもできるところや、自分やモデルの顔をテーマによって変身させることが出来るのところがおもしろいです。
たとえば「クール」というテーマのときは、クール=「大人っぽい」「冷たい」「鋭い」「上品」のように連想して、眉毛を長くしたり、コーナー眉にしたりと、色々と試しながらメイクをしていきます。他には上品っぽく見えるグレーを使ってみるなど、色で工夫をすることもあります。

2. 入学前

「仕事を楽しめる人生を送りたい」という思いがありました。

美容やメイクに興味をもったきっかけを教えてください

本当に最初に興味を持ち始めたのは小学校高学年くらいです。もともとはヘアの方に興味があって、友だちの髪の毛をアレンジしたり三つ編みをしたりして喜んでもらえるのが嬉しかった記憶があります。ヘアスタイルで印象が変わるというのが自分自身でも楽しいと感じました。
ずっと髪型をいじるのは好きで、ヘアメイクアップアーティストになりたいとも思いましたが、高校生のときに人を綺麗にしてあげられる仕事として美容部員、ビューティーアドバイザーという仕事を知り、目指したいと思いました。

メイクの仕事を目指すと決めてからは、すぐに専門学校を選んでいったんですか?

いえ、私は小学生の頃から、自分は大学に行くものだと思ってました。中学時代は勉強を頑張っていて、高校受験もかなり頑張りました。高校でも周りには大学受験をする友だちがほとんどで、高校2年生くらいまではやっぱり自分は大学に行くつもりでいました。
でも高校3年生の頃に将来のことを色々と考えていて、「自分の好きなことをして、仕事を楽しみながら生きていきたい」という思いに気づいて、自分の好きなことを考えたら、真っ先にメイクが思い当たりました。高校から進学した先で過ごす時間は、自分の好きなことを学んで仕事に就くための期間にしたいと思って、大学ではなく専門に進むことに決めました。

専門学校に決めてからは、どのように学校を選びましたか?

両親や学校の先生に相談して、10月~11月ごろにメイク系の専門にしようと決めました。fカレに一緒に入学した友だちと比べると少し遅めなんですが、高校3年の冬に横浜fカレッジのオープンキャンパスに参加して、駅から近くて通いやすいし、ここに入学しようと即決しました。

オープンキャンパスに参加してみてどう感じましたか?

何より先生の人柄が良くおもしろくて、雰囲気が良いなと感じました。気になることがあってちょっと質問してみたら、とても親身になって教えてくれました。スタッフとして参加していた在校生の先輩も、一緒に実習をしたり話したりしていて楽しかったことを覚えてます。
私がオープンキャンパスに行ったときはベースメイクやファンデーションの体験実習をやったのですが、人にメイクをするというのが初めてで、やっぱりそれも楽しかったです。

出願するときの入試方法は何を選びましたか?

高校の先生に推薦を出してもらい、「高校推薦入学」で出願しました。高校時代、遅刻はときどきあったけど欠席はしないように頑張ってたので、結果的に推薦をもらえてスムーズに入学できました。

3. 入学後

エステやネイルの知識も、メイクの仕事をするのにとても役立っています

入学してから思ったことはありましたか?

自分で決めた進路なので休まずに授業に出席して、責任をもって2年間過ごそうと思いました。
入学してすぐの4月~5月はコロナで登校がなくて、6月にクラスを半分に分ける形で初めて登校授業がスタートしました。そのときに急遽ノートパソコンの配布や通信費の補助金などももらえて、ありがたいと思ったのと同時にその対応の早さには驚きました。それからもオンライン授業が多く、クラス全体で授業やるのは7月が初めてでしたが、それでも技術をきちんと身につけられて良かったです。

今は学校でどんなことを学んでいますか?

2年生に進級するときにメイクアップコースを選択したので、メイク実技の授業がメインです。他にはアロマセラピーや、美容概論という化粧品にまつわる知識の授業、ヘアアレンジを学ぶ授業などがあります。1年次にはエステとネイルの授業もあって、もしfカレのカリキュラムでトータルビューティーを学ぶ機会がなければ接することの無かったことも学べました。

fカレのビューティコーディネート科では1年生のときにメイク・ネイル・エステの3つを学ぶようになってますが、メイク以外のことは学んでみてどうでしたか?

ネイルやエステの知識も、メイクにとても役立っています。美容部員もマニキュアを扱うし、自分自身も爪や手元を見られる仕事なので、実際にネイリストの人が学ぶような正しい知識が身についてよかったです。エステの知識についても、皮膚や栄養に関する知識がメイクにも応用できます。2年生に上がってからの、化粧品検定2級の勉強で役立ちました。

入学してからこれまでにどんな資格を取りましたか?

たくさんあります。これまでに取った資格を全部挙げると、日本メイクアップ技術検定3級・2級、日本化粧品検定2級、シニアアドバイザー検定、サービス接遇検定2級、アロマテラピー検定2級・1級、認定ボディエステティシャン、ネイリスト技能検定3級、ジェルネイル技能検定初級、パーソナルカラー検定モジュール1、です。
ビューティコーディネート科で取得する資格はこちらをチェック!
今はメイクアップ技術検定1級と、日本化粧品検定1級に向けて頑張ってます。今のところすべての検定に受かっているので、残りの検定も頑張りたいです。

実際のところ、受ける検定がたくさんあるのは大変ですか?

検定対策はほとんど授業内で行っいるので、日々の授業をしっかり受けていれば大丈夫です。たぶん一人で全部勉強するのは大変だったと思います。確かな技術があって、検定のことを熟知している先生に教われて、みんなで一緒に学ぶことが出来るのが良いと思ってます。

検定対策以外の授業ではどんなものがありますか?

検定以外にはアーティスティックメイクなども学んでいます。美術の授業でデザイン画を作成して、アートメイクの時間に実際にメイクをして、さらにプロヘアスタイルの時間にヘアの先生にアドバイスをもらって作品創りをしました。
あとはキャッツメイクを学ぶ授業もあり、プロのメイク技術を目の前で見れたのは、ここでしかできない経験だなと思いました。他にも天然石をテーマにしたメイクを学んだときは、色の使い方・グラデーション・ラメの使い方を見て、「こんなやり方があるんだ!」と驚きました。

就職活動はどのように進めましたか?また、後輩たちへの就活のアドバイスなどはありますか?

情報収集をこまめにすることを心がけていました。1年生の夏くらいに始まっているものもあるし、説明会出てないとエントリーできないものもあったので、本当に早めに動き出すことが大事だと思いました。何か目標をもってアルバイトをするなど、就活のときにエピソードとして話せるようなアルバイトをしていたことが役立ちました。
他には1年生のときに受けたサービス接遇検定も役立ちました。入学してから徐々に、敬語の使い方など正しい言葉遣いを身につけられたのが良かったです。1年生の後半にあったコミュニケーションアップ講座や自己分析講座、fカレの卒業生が働いている企業で行ったインターンシップも活かせました。
面接直前の時期には、就職指導部の先生は必ず事前に面接対策をしてもらいました。今まで実際にその企業の選考を受けた卒業生のデータがたくさんあって、どんな質問がされたかなど細かい情報も知れたので、それは本当に役立ちました。自分はシンプル系のメイクが好きなので、面接での自分のメイクはそこまで深く考え込むことはなかったのですが、個性の強いメイクブランドの選考を受けた友だちは、入念に過去の情報を教えてもらっていました。

fカレでの学生生活も終盤ですが、2年間を振り返ってみてどうですか?

実習型の授業がほとんどなので、最初は上手に出来なくて失敗しても、実際の人の顔にメイクができて上達していくのが嬉しいなと思います。やっぱりもともと好きなので、メイクは楽しいです。
アートメイクの作品創りは、やってみると思っていたのと違うことも多くて試行錯誤の繰り返しです。だからこそ、完成したときは涙目になるくらい達成感があります。作品が完成したときの感動を味わう経験や、それを仲間と一緒に創り上げるという経験ができて、自分でもメイクの専門学校に行くという進路を選んで良かったと思います。

4. これから

卒業してからどんな風になりたいか、これからの目標などはありますか?

現在、化粧品の販売職で内定をいただいています。就職してからはお客様にささやかな幸せが与えられて、「またお店に来たい!」と思っていただけるような社会人になりたいと思っています。
そのために知識や技術、自分の見た目などもこれからも色々なことを勉強していきたいです。既に今も内定アルバイトをしていて、大変なことも多いんですが、様々なお客様に出会えて、喜んでもらえる接客の仕事はとても楽しいです。
私の場合はまず、自分が何をしたいか、仕事で何を得たいかを考えることが大事でした。今後も大変なことはあると思うんですが、頑張りたいと思った最初の気持ちは忘れずにいたいと思います。

最後に、進路選びを考えている皆さまにアドバイスをお願いします!

まずは美容やメイクが好きだという最初の気持ちは忘れずに、大切にしてもらいたいと思います。その上で、仕事を通じてどんな自分になりたいかをたくさん考えて進路選びをして、有意義な時間にしてください!